2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紀伊半島一周 走破。

6/16。

難波 しょうや宅 から、豊能の自宅を目指す。

何度かあずもおれもチャリンコで通ったことのある道やったから、なかなか楽勝。

天気は 雨。




この日で、あずとの 紀伊半島一周 の旅が終わる。


運動経験ゼロ、運動嫌いの 彼女 と 26日間 ひたすらチャリンコを漕ぎ続ける ふたり旅。

もちろん、ペースはあずに合わせる。

一日に走れるのは、だいたい30キロぐらい。

これは、おれがひとりで走れば 一日だいたい100キロぐらい走れるから、2時間ぐらいで走れちゃう距離。

けど、あずは根本的に走れる距離とペースがちがう。

そのなかでの ペース配分やルート、休憩のタイミングとかの取り方は、想像していたよりも難しいものやった。

おれだって、坂道とか しんどいときはしんどい。


でも

心身ともに自分の余裕がなくなれば あずの様子はよく見えなくなってしまう。

それで、あずがオーバーワークで潰れてしまえば、

あずが本来持っている「力」を引き出してあげられなくなって

きっと、「自分にはやっぱりできなかった」って自信を失ってしまうんじゃないかな。

やから、まずは自分自身の体調を常に良い状態にしておくこと。

そして、あずの体調の変化をよくみること。


まわりには、

「はじめから あずに紀伊半島一周はできないと思っていたから、いつでも帰れるようにしててん。笑」

って言っているけど、

ほんとうは おれ はじめから、

「あずなら絶対ゴールできる」っていう確信みたいなのが なぜかあった。

やから、これを崩してしまわないようにしよう。


でも

あずにはじめから「絶対に行けるよ!あずなら行ける!」って言っていたら、壁にぶつかってしまったときに気負いしてしまって、本来の「力」を発揮できなくなってしまう。

そのことが めっちゃ嫌やったから、少し「嘘」をついた。

今回の旅は、あずの「力」を最大限に発揮できるようにサポートしようって思った!



とは言っても

お互い 機嫌がわるいときもあるし、しんどいときも、喧嘩もする。

謝らなくちゃと思っても、おれの中の「頑固な部分」が邪魔をして、

「ごめん」が言えない。


そんなときは、終始 無言でチャリを漕ぐ。

だんだん、その緊張感に耐えられなくなって

笑ってしまう。


これで、お互い許してしまう!


そんなんで いいと思う!





旅がこんなに「怖い」と思うこともなかった。

守りたい存在があることで、

いままで感じてきたものを、より敏感に感じ取るようになった。

それは、自分としてはかなり新鮮なものだった。





あずをサポートしてるつもりであっても、

逆に支えてもらっていることも、たくさんあった。





おれのほうが しんどいとき、

こんなに 強くたくましい 存在はないと思った。







まぁ、なんだかんだで、怪我なく紀伊半島一周できたことは、

ほんとうによかった。


笑顔でいられて よかった!






これからは、ひとり旅。



予定では

京都から滋賀へ抜け、太平洋側を北上。

北海道 礼文島を目指す。

礼文島は、おれのひいばあちゃんの生まれたところらしい。



「一人じゃない、ひとり旅。」

あずから、もらった言葉を胸に旅を続けよう。



ひとまず、実家でカラダを休めて、のんびりしよーっと!




○この日のルート○

難波ー豊能 自宅

走行距離:37キロ




.
スポンサーサイト

麦わら帽子GET。

25日目。

久しぶりの更新になってしまいました!



現在地:大阪 難波、しょうや宅。



あずとの 紀伊半島一周 の旅も終わりに近づき、しばし休息。

きょうは1キロも進まず、友だちのウチでゴロゴロ。

こういう日も、アリ。


あしたは、あずの家まで帰ります!

あずの家と、おれの家はとても近い。

なので、一旦実家にも帰ろうと思う。

二三日休んで、また旅を続けよう。




少し、更新ができていなかったので、ここ二三日の話を写真で!






奈良と言ったら、奈良公園。

奈良公園と言ったら、鹿!

地元で見かける鹿とは、筋肉のつきかたが全然違うような気がする。

野山をかけなくていいから、ガリンチョなのかな?









生駒山を越える 暗峠(くらがりとうげ) 。

最大傾斜 約37度 の超鬼坂!

道は狭いし、頂上は石畳。

こんな道が登り下りで、約6キロ続く。

これで国道だから、ビックリ。

酷道308号線。



奈良市内を背に、一歩づつ登る。


「どんなに しんどくても、歩みを止めなければ いつかは終わる」

次のカーブで下りだと信じて 、

何度も「裏切られた」。


次のカーブまで行ってみて、登りやったらもうやめる!

何度もやめたくなった。


奈良から大阪へ抜ける道は、もっと楽な道がたくさんある。

でも、一番しんどそうな道を選んでみた。

でも、そんな自分の選択に後悔はしなかった。

選んでしまったら、あとは行けるとこまで行ってみるだけ。



やめたくなったとき、決まって通りすがりの人が話しかけてくれる。

不思議とおしゃべりした後は、体が軽くなる。


出会ってくれた人すべてに 感謝 する。


「あたりまえ」と反対の言葉は、「有り難い(ありにくい)」。

そのあたりまえじゃない、ありにくいことに、「ありがとう」って感謝する。


案外近くに、あたりまえじゃないことが たくさんある。

それが見えたとき、目の前は 明るくて透き通ってみえた。



意外と、シンプルだ。









眼下には大阪市内。

サイコーに気持ちええ!





この先も

すべての ものごと に

感謝 をこめて


ちょっとそこまで 行ってみよう。






○きのうのルート○

奈良市内ー大阪 難波(しょうや宅)

走行距離:36キロ




.

あー と かー。

22日目の朝。

現在地 三重県 伊賀市上野。





昨日の写真。

左手に写っているのは、自動車専用道の名阪国道。

100キロ/時 ほどのスピードで、みな目的地を目指している。

おれらの走っている旧国道は、全く違う時間が流れてる。

前の生活では、前だけみていた。


「あそこに行きゃなきゃ...」

「はやく、はやく...」


外からみてみると、なんだか ちっぽけにみえた。



ゆっくり走れば、「景色」がみえる。






きょうは、いよいよ奈良へ!




○きのうのルート○

三重県亀山市 関宿ー伊賀 上野


走行距離:32キロ



.

ハッピー バースデー 。

19日目。

現在地 三重県 津市。


きょう 6/9 は、

あずの 21歳 の誕生日!

おめでとう!

そして

生まれてきてくれて ありがとう!



近くのサーティワン アイスケーキでお祝い。

長年のあずの 夢 だったようだ!


直径20センチほどのケーキの形をしたアイス!

なんと、二人で食べきれた。


店員さんに協力してもらい、ローソクを刺して、火をともし、

店内のテーブルで

「ハッピー バースデーー!」。


アイスケーキを店内のテーブルで食べる客は、初めてのことみたいで、

戸惑いながらも、優しく対応してくれた。

31 アピタ松阪三雲店のみなさま、ありがとうございました。


その後、映画館で「M.I.B 3」をみた。


きょうは、久々のデート感。

なんかとても新鮮だった。






道端で休憩中。

アスファルトで横になって 爆睡。

あったかくて、まるで岩盤浴。




あしたからは、進路を 西 に変え、

一度 大阪を目指す。


あずを家まで送り届けるため。


また峠道。




あした天気になーれ!




○きょうのルート○

三重県松阪市ー津市

走行距離:27キロ



.

牛乳が飲みたくなった。

17日目。


昨日の報告を写真で!




田舎道で一休み。






坂道こぎこぎ。






沖へパドルアウトしていくサーファーたち。





森林浴 金髪 美女。わら





炎天下のなか、ぼくたちに日陰をつくってくれた雲。








こっからはきょうのこと。


朝から「荷坂峠(にざか)」を越える。

約4キロを1時間半かけてチャリンコをおして登った。

頂上からは目的地の三瀬谷駅まで約20キロのゆるやかな下り坂。

大紀町 大内山。


昨日、突然牛乳が飲みたくなった。
スーパーで牛乳を購入。

パックに「大内山牛乳」と書いてあった。

濃厚なのにさっぱりした牛乳ぎらいのおれでも美味しく飲めた。


きょうは、牛乳探しの旅だ。


峠を越えたあとの町には「大内山牛乳」の看板が目立った。

国道42号沿いに「ミルクランド」というお店があった。

ここは大内山牛乳の直売所。



やっとみつけた!



あずは、ビンに入った牛乳。
おれは、飲むヨーグルト。

汗を掻いたあとに飲む、キンキンに冷えた牛乳はめちゃめちゃ うまい!


ベンチに座っていると、おじさんが話しかけてくれた。

とても気さくなおじさんで、別れ際には 今 ミルクランド で買ったばかりの パン をおれたちにくれた。


そして

ハーレーに跨がってやってきたご夫婦。

「プリンは食べたか?ここのプリンはうまいぞ!」

って プリン をご馳走してくれた。


牛乳みたいに真っ白でお豆腐のようにやらかいプリン。

うまかった~!



きょうもたくさんの人たちに親切にしてもらった。


すべてに 感謝 。


あしたは、松阪へ。




○きょうのルート○

三重県紀北町 紀伊長島ー大台町 三瀬谷

走行距離:32キロ



.

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

nalu0720

Author:nalu0720

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ふたり旅 (20)
ひとり旅 (22)
つぶやきごと (8)
NOW (37)
special thanks (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。