FC2ブログ

2018-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もくもく。

7/11からの もくもく での日々。


糸魚川から南へ、長野県 白馬村 八方尾根スキー場そばの「ヒュッテ もくもく」。

「和田野の森」の一番奥にあり、木のぬくもりを感じる 隠れ家的ペンション。









いまやっと紫陽花が花をひらいてきた。






クワガタもこんにちは。







「もくもく」に着くと、
オーナーのオリバーさん と、奥さんの かおるさん 、昨年秋に生まれた えみるちゃんが、
元気いっぱいに迎えてくれた。







4日後、15日の

オリバーさんたちが大好きな人たちが集まる、 夏のもくもくバーベキュー に向けての準備をお手伝い。



館内の掃除や、ベッドメイク、買い出し など、準備することはたくさん!



これをベイビーのお世話をしながら、するのはとても大変だろうな。


せめておれがいる間にできることは、
できるだけやろう!




毎日 朝から夕方まで、
バタバタしていて、ザーッと過ぎた。



あっという間に 15日。



お昼前になるとぞくぞくと、お客さんがやってきた。



みんな、久しぶりの再会に
「もくもく」には、笑顔がいっぱい。



オリバーさんの「カンパーイ!」で、
バーベキューのはじまり!



みんな、食べて飲んで、飲んで笑って。









陽が下がりはじめると、バーベキューは終わりを迎え、

満点の星空のもと、ホタルツアー!


直前まで、降っていた雨のおかげか、

たくさんのホタルにみんな感動!


ホタルを見るのが初めての方もいたようだ。



ちなみにやけど、
おれの地元 大阪・豊能 では、
5月の末から6月の中旬にかけて、ホタルがみれます(^^)!

さすが、「大阪のシベリア(wiki)」!笑





ホタルからもどると、
近くの温泉へ!

シェラリゾート内の温泉。
24時間入浴可能で、300円。


とても高級感と落ち着きのある、

リラックスできたいいお湯でした。



宿泊客の方がメインで入りはるので、日帰り入浴の方は、入浴ラッシュの時間帯ははずしていかれたほうがいいかも。










翌朝、16日。


9時ごろから みんなで山登り。


もくもく(標高約900m)から、唐松岳山頂への途中にある、八方池(標高2060m)まで、登ります!






標高1680mの登山口までは、車とリフト。


そこから、約一時間半かけて八方池を目指す。


ナルwithマオ




おれと、真央(もくもく友だち・男)は、
みんながリフトで上がるところを、徒歩で行った!

ちょっと駆け足。

まさに、トレイルランニング!笑






リフトの降り場の登山口で、みんなと合流。


おれと真央は、
自分のカラダをいじめるため(?笑)
さらに駆け足で登る。


山の尾根を縫うように走る登山道。

雲を抜けた。






ちらほら、残雪も見えてきた。


小さな雪渓もあった。







途中には、トイレもあって、休憩できる。



雪の冷気を感じながら
さらにうえへ。






この雪渓を越えると、目的地の八方池!


八方池までの登山道は、
天気がよければ、ハイキングのようなラフな格好でも登れちゃうような
ビギナーコース。

ここから先の 唐松岳山頂へは、本格的な登山装備が必要らしい。

でも、ビギナーコースだからと言って、山を舐めてはいけません。

それでも、標高2060m。

荒れれば、遭難し亡くなる方もおられます。


登る方は、
無茶はしないようにしましょう!









八方池(標高2060m) 到着!










八方池で、お弁当タイム!







さぁ、
登った分は、下らなくてはいけません。

満たされたお腹を抱えながら、下界を目指します。


下りのほうが、気を使う。

膝への負担は大きくなるし、
油断したときに足を捻ったりしてしまいます。






一歩いっぽ、丁寧に。

意識をもって。









このコースは、きれいに整備されています。







こんな雪渓がたくさんある。

8月中旬まで、雪が残っているそうだ。



雪をみてると、やっぱり滑りたくなってしまう!



クゥーーー!


頭の中…


笑。







登山口(標高1830m)までおりてきた!

山小屋があり、
売店もある。

ソフトクリームが売っていた!


ブルーベリー味。





ジェラートのような舌触りで
濃厚。

運動後のカラダにも爽やかです。



なんか、アマイチみたいな感じやな!笑
アマイチは、能登半島をいっしょに廻っていた、旅の友。

そして、ソフトクリーム マニア。笑

自転車での日本一周中、ほぼ毎日
その土地のソフトクリームを食べる。







おいしいソフトクリームを舐めながら、
おれと真央は、またまだ徒歩で下ります。

みんなはリフトに乗って下るので、
一度バイバイ。




トレイルランニング!

目指せ、下界!



下では、オリバーさんが「はよしてー」と急かしてくる!笑


真央は、少しギャップになっているところをジャンプ!



…こける。笑




たくさんの石を越えながら、みんなと合流。



車の置いてある駐車場までは、
一本だけ下りのリフトに乗る。



やっほーい!

下りのリフト、ジェットコースターみたい!





車に乗り込み、みんな怪我なく「もくもく」に帰還!








楽しかった時間、みんなとはお別れ。


「もくもくファミリー」また、会いましょうね!


ありがとうございました!













17日。


オリバーさんが原チャを借してくれるというので、白馬散策へ!

ママチャリでは、
おっくうな山道を行ってみよう!





ヤマハのメイト50cc。

高校時代に朝刊の配達をやっていたときに使っていたやつとおんなじ!

なつかしー(^^)




ほほーい!



八方尾根スキー場 咲花(さっか)ゲレンデ内の砂利道。


冬のシーズンには、スノーボードで滑っていたところ。


なんだか不思議な気分。





八方の宿街。
紫陽花がきれい!







マップを見てみると、近くに「白馬の大雪渓」と書いてあったので、
いってみることに。


和田野の森から、猿倉をめざす。


一車線の険しめの峠道。



雪どけ水の流れる川は、
流れが強く、薄い青色をしていた。










20分ほど上がると行き止まりに。

どうやら、ここに車を置き、
ここからは歩きで大雪渓まで上がらなくてはいけないようだ。


駐車場から、山肌が白くなっているところが見えたけど、大雪渓ではないようだ。






Uターンして、白馬散策再開。


登りの、ノロノロさとは一転、
急な下り坂のため、少しスピードがでる。

エンブレと前後輪のブレーキを使い、ゆっくり降りる。



カツン。

嫌な感じの音がした。

しばらくすると、

カーブを曲がるたび、グニュグニューっと後輪がよじれる。








……パンクだ。







空気圧が低い状態やったから、ちょっとの段差でリム打ちしてしまったようだ。




パンクNOW。森の中。圏外。笑。







ぺちゃんこ~!笑





予定通り 予定外!







とりあえず、
山を降りよう!


時速10キロ弱で、トロトロと慎重に坂道を下る。

行きの三倍近くの約1時間かけて、山を降りた。


電波がつながったので、
近所のバイク屋さんを調べる。



…ない。


バイク屋さんらしきお店は、表示されなかった。

とりあえず、近くのガソリンスタンドで直せるかどうか電話で聞いてみた。


やはり、スタンドでは修理はできないようだった。

でも、近くのバイク屋さんを教えてくれた。


でも、やってるかどうかわからないから 電話してみて、

と番号を教えてくれた。



スタンドの方、親切に教えてくださりありがとうございました!



バイク屋さんに電話してみると、
パンク修理できるという確認がとれた!

ラッキー!



大通りを避け、田んぼの間の農道を通りながら、
教えてもらったバイク屋へ。


「パンク修理の電話をさせてもらったものですー」

と話しかけると、

つなぎ を着たおっちゃんが笑顔で迎えてくれた!





修理 NOW!




修理が終わると、
おっちゃんは道路まで出て
手をふって見送ってくれた!




夕方になってしまったので、

見たかった ジャンプ台 は閉まっていた。


ザンネン。


でも、また来ればいいサー!



オリバーさんに教えてもらった、
近くの 足湯 へいった。


ひと一人おらず。貸し切り 足湯。


気持ちよすぎて、ちょっと寝てた。


陽も下がってきたので、家路に着く。




「帰る場所」があるって、なんか幸せだ。

毎日、みんなで食卓を囲めるのって幸せだ。


その日 頑張った分の汗を流す お風呂に入れるのって幸せだ。



アクセルをまわせば、坂道を楽々上がっていけるのって、楽チンだ。



毎日、野宿をしていると

いままで「日常」だと思っていた、
なんでもないことに有り難みを感じるようになった。






「あたりまえ」の反対の言葉って知ってますか?



「愛」の反対は、「無関心」と言ったように、

「あたりまえ」の反対の言葉。


以前、講演を聞きに行ったときの「先生」が言っていた、受け売りです。




「あたりまえ」の反対は、
単純にいえば、「あたりまえ じゃない」。

「ありにくい」ということ。

「ありにくい」、漢字で書くと
「有り 難い」。


読み方を変えると、
「ありがたい」。


「あたりまえ」のことの反対は、

「ありがたい」こと。




毎日の、
「あたりまえ」のなかには、たくさんの「ありがたい」が詰まっている。



いつもの 日常 に「ありがたい(有り難い)」という発想をもつと、

いちいち楽しくなってしまいます。




うわ!
目覚まし鳴ってくれた!
ありがとう!


うわ!
蛇口ひねったら水出てくれた!
ありがとう!


うわ!
車に轢かれんと 駅まで来れた!
ありがとう!



うわ!
電車 来た!
ありがとう!


うわ!
食堂でランチ。
頼んだもんとおんなじやつ出てきた!
ありがとう!



うわ!
もうきょうも終わる!
ありがとう!


うわ!
また朝がきた!
ありがとう!




なんか、なんでもないことやのに

めっちゃ楽しなる!









あしたから、また野宿!


いろんな発見 楽しみだー!








きょうは、
オリバーさん、かおるさんの愛娘 えみるちゃんの 10ヶ月の誕生日!

ケーキにロウソク立ててお祝い!


もうすぐ誕生日の おれ まで、
いっしょにお祝いしてくれた!


めっちゃうれしい楽しい 「もくもく」
でのラストナイト。





きょうの夕空。










あしたは、お昼前ごろ「もくもく」出発し、

糸魚川から、ママチャリ旅の再開。


海沿いを上越市方面へ進みます!






では、良い夜を!






現在地:長野県 白馬村。ヒュッテ もくもく。







.
スポンサーサイト

● COMMENT ●

鳴ちゃん、転けたのは秘密やろ(笑)o(^▽^)o

まお!
あれ けっこう楽しかったで!笑

今度は、「海」で会おう!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nalu720.blog.fc2.com/tb.php/49-f5931ca9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NOW! «  | BLOG TOP |  » NOW!

プロフィール

nalu0720

Author:nalu0720

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ふたり旅 (20)
ひとり旅 (22)
つぶやきごと (8)
NOW (37)
special thanks (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。